風が吹いただけでも切られたような激痛が走ることから名付けられた痛風。
痛風は、老廃物として排出されるはずの尿酸が血液中に増え(高尿酸血症)関節炎を引き起こす病気をいう。
>> この記事の詳細へ <<