Blog is Not Found

芸能・政治・恋愛・仰天・ネットニュースを紹介しています。

マンガ

ルパン三世、エヴァンゲリオンも・・・残念な最終回をむかえたマンガ。


最終話といえば、『新世紀エヴァンゲリオン』の「世界の中心でアイを叫んだけもの」が有名だが、週刊マンガ誌などで連載されていたマンガ、テレビで放送されていたアニメや特撮ドラマは、時として、読者や視聴者を置いてきぼりにして終わってしまうことがある。
『人気マンガ・アニメのトラウマ最終回100』(鉄人社)によれば、このような微妙な最終回が生まれる背景には3つのパターンが存在するようだ。


ひとつ目は、大量に張った伏線を回収できなくなってしまったパターン(エヴァはこの事例に該当する)。
ふたつ目は、諸般の事情で打ち切られてしまったパターン。
そして、制作者のモチベーションが切れてしまうなどトラブルが起きたパターンの3つである。




「ちびまる子ちゃん」にもサイケすぎて封印された作品があった!?


マンガの世界には、雑誌には掲載されたものの、単行本に収録されることのなかった、いわゆる「封印作品」というものが存在する。
>> この記事の詳細へ <<

作者が謝罪!!「進撃の巨人」最新話に卑わいな言葉羅列!?


人気漫画「進撃の巨人」の最新話で卑わいな言葉が掲載されたとして、作者の諫山創氏(27)が14日、自身のブログで謝罪した。
>> この記事の詳細へ <<

「美味しんぼ」騒動の根幹にあるフィクションの境界線


「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)連載の人気漫画『美味しんぼ』の描写をめぐる騒動が波紋を広げ続けている。
>> この記事の詳細へ <<

東出昌大、初主演映画「クローズEXPLODE」に熱い思い入れ


4月7日、映画『クローズEXPLODE』の試写会が行われ、キャストの東出昌大(26)、早乙女太一(22)、勝地涼(27)、柳楽優弥(24)など、豪華売れっ子イケメン俳優たちが登壇。会場は歓声の渦に巻き込まれた。
>> この記事の詳細へ <<


記事検索