【送料無料】 CD/キングコング梶原/おかん/YRCN-10099
キングコング梶原 / おかん
お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)の母親が生活保護を15年間受給していたことが問題となった中、
同じ吉本興業所属のお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(31)の母親(63)が昨年3月から生活保護を受給していることが28日、分かった。

梶原は都内でスポニチ本紙の取材に応じ「誤解をされたくないし、隠すこともないので自分から全てお話ししたい」と受給の経緯と事情を説明した。

母親への受給が始まったのは昨年3月。
祖母の介護をしながら弁当店で働いていたが、その会社が倒産して収入がなくなった。
その上、足を骨折し、年齢的にも働き口が見つからなくなったのがきっかけ。
梶原によると、母親が知人に相談したところ福祉事務所に行くことを勧められた。
そこで「祖母ではなく、あなたが生活保護の受給者になった方がいい」とアドバイスをされ、
梶原ら親族の経済状況の申告書類を提出後、受給が決まった。

当初の受給額は毎月11万6000円。
祖母が昨年12月に他界後は、見つけたパート先で毎月約4万円の収入を得ており、
受給額は5万円に減額されている。

母親の住居のローンと共益費で毎月40数万円を負担している梶原は
「今年8月に完済したら、受給を打ち切ることにしていた」。
しかし河本の問題が波紋を広げる中、
母親は「このままもらい続けると誤解されかねない」と今月で打ち切ることを決断したという。
8月までの3カ月間に受給されるはずだった計15万円は吉本興業から借りるという。

祖母の介護に失業が重なった昨年3月から1年3カ月間の受給額は計約140万円。
梶原は「おかんが苦しんでいたので“助かった”というのが率直な気持ち」と感謝している。