東京五輪・パラリンピックのテスト大会をめぐる入札談合事件で、特捜部は29日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で新たに広告大手「ADKホールディングス」と広告最大手「電通」の各グループ会社を家宅捜索。
25日、28日に続く強制捜査は下請け企業にも拡大した。