熟慮の結果、もう“ここ”を押していくしかなかったのだろうが……。