ポップカルチャー研究者の柿谷浩一氏は「作品の本質の『料理に詰まった愛』を、音楽からたっぷり感じられる」と話す。