大相撲春場所は横綱・白鵬が優勝したが、白鵬は千秋楽の取組で右腕を負傷。
表彰式では賜杯を持つことができず、優勝旗も左手だけで受け取るなど、痛々しい姿を見せた。