大みそかの風物詩であるNHK紅白歌合戦。
すがに69回目ということもあり、マンネリのそしりを免れないが、今年は「平成最後」という期待も膨らむ。
通常の出場歌手が発表された11月14日以降、「特別枠」の出演者が明らかにされている。
もったいぶった発表が恒例になっているが、当日まで気をひこうとする演出は効果があるのか。