1月26日、仮想通貨取引所大手のCoinCheckが580億円相当を流出した大規模な不正アクセス被害を受けた。
同社が保有していた顧客の5億2300万枚の仮想通貨XEM(ネム)が、ハッカーにより不正に外部に送金されてしまったのである。
現状、CoinCheckはネムだけでなく、日本円を含むすべての取り扱い通貨を出金停止にしており、ビットコイン以外の売買ができない状態にある。