いま、居酒屋やBARに「山崎」がない……。
日本のウイスキーの代表作であり、多くのファンがいる「山崎」。
それが最近、「山崎12年」や「山崎18年」の年代物だけではなく、ノンエイジ(ノンヴィンテージ)までがスナックやガールズバーから姿を消しているという。
その実態を調査、取材した。