中国では、今年に入ってからもPM2.5が猛威を振るっている。
汚染物質による視界不良で、各地の空港では飛行機の離着陸が遅れたり、高速道路が封鎖されるなど、市民生活にも大きな影響が出始めている。