覚せい剤取締法違反(所持、使用、譲り受け)の罪に問われた元プロ野球選手清原和博被告(48)に東京地裁(吉戒純一裁判官)は5月31日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。

清原被告が求めた薬物依存症更生プログラム付きの保護観察処分は「自ら治療は十分できる」と退けた上で、覚醒剤の関係者と縁を切り、治療機関などで回復を目指すよう求めた。

清原被告は目を赤くして傍聴席に謝罪。

関係者によると、清原被告は近く故郷の大阪に戻り、依存症治療に入るという。