9月19~23日のうちの4日間、宮城県・ひとめぼれスタジアム宮城で行われる嵐のコンサートが東北に与える〝影響〟が、各所で懸念されている。


宮城県では8年ぶりの嵐単独コンサートは、「震災復興」の大義名分の下に大々的に開催される。
だが、近隣の住民たちにとっては〝悪夢の再来〟でしかないという。
前回、2007年8月、宮城県・ホットハウススーパーアリーナ(現セキスイハイムスーパーアリーナ)でコンサートが行われた時、東北を訪れた嵐ファンたちの〝迷惑行為〟が横行したというのだ。





続きはコチラ⇒ ワンポイントネタ帳