北京で行われている世界陸上6日目、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が100mに続き200mでも、ライバルであるジャスティン・ガトリン(アメリカ)を抑え、2つ目の金メダルを獲得した。



しかしその直後、二冠を達成し、観客の声援に応えるボルトに悲劇が起こった。

セグウェイに乗った中国人カメラマンの転倒に巻き込まれ、左ふくらはぎから流血してしまったのだ。

その中国人カメラマンの悪びれない態度に、世界中のファンから批判が殺到している。


「陸上界のみならず、スポーツ界でもトップクラスのスーパースターをケガをさせたわけですから、世界中からものすごい非難を受けても当然ですね。

しかも、ボルトを轢いた後の態度もよくなかった。

転倒して最初に確認したのは、自分が持っていたカメラ。

その後も、痛がっているボルトに軽く手を差し伸べるも、すぐに自分のカメラを気にし、反省の色は見えませんでした。

これには日本のみならず海外からも『あいつのあの態度はなんだ!』『誰を怪我させてんだ! ボルトだぞ!』『まだリレー残ってんだぞ! ふざけんな!』と怒りの声が上がっています」(スポーツライター)


そもそもセグウェイでの撮影は、前から危険視されていた。

足元が見えない上に、選手との距離が近すぎることも今回の事件を起こした要因と言えるだろう。

果たして、中国人カメラマンは、全員が全員セグウェイに慣れていたのだろうか?

さらに、中国へのバッシングはこれだけではない。


「この事故の直前にも、中国人と思われる男がトラックに乱入し、ボルトに迷惑をかけています。

その上、事故が起きた後も、痛がるボルトを笑いながらスマホで撮影する中国人の観客が大勢見受けられ、その事も怒りを買っていますね。

『中国人は選手に対する敬意が足りない!』『なぜ北京でやった??』『ボルトに駆け寄った中国人が1人。転んだカメラマンに駆け寄った中国人が2人。どうなってんだこの国は!』と、ツイッターも荒れに荒れています」(同ライター)


この後ボルトは「リレーは大丈夫」というコメントを残し、問題がないことを強調した。

しかし、一歩間違えたら大怪我をしていてもおかしくなかった今回の一件。

中国に限らず、こういった事故はいつ起きてもおかしくない。

5年後にオリンピックを控える日本では、このような事が起きないよう注意してほしい。
【楽天ブックスならいつでも送料無料】ウサイン・ボルト自...

ウサイン・ボルト自...
価格:2,484円(税込、送料込)