「『紅白』出場後の今年1月に出した新曲のシングルCDは、わずか2万枚ほどの売り上げで惨敗しました。続けて出したカバーアルバムも同じような数字だったんです」

再び4カ月の“雲隠れ”――。
近況がまったく聞こえてこない、中森明菜(49)。
その理由を、長年、明菜を取材し続ける芸能リポーターの城下尊之さんはこう話す。


「新曲が売れなかった理由を、制作サイドが、こう結論づけたというんです。
それは、『紅白』とその後の特別番組に、明菜が出演してしまったこと自体がよくなかったということ。
2つの番組で明菜の姿を見たファンは、『あれ? 病気と聞いていたのに、意外と元気そう』と、拍子抜け。
“私たちが明菜を応援してあげなきゃ!”と思っていた熱烈なファンたちが、一種の“失望感”を味わい、それが売り上げに影響したというんです」


ファンを大切にしてきた明菜。
彼女は体調も完全に回復していないなか、米国からの“紅白生出演”までもやりとげた。
それなのに――。
皮肉にもその自分が姿を見せたことが“裏目に出た”と言われたら、彼女は心の中でこう叫んだに違いない。


《ならば、私はどうすればよかったの! 一度姿を見せてしまったら、もう私は要らない女なの……?》


「重荷に耐えかねた彼女は、『紅白』出場以前の“最悪な状態”に戻ってしまったと、僕は聞いています」(前出・城下さん)


歌姫の“千切れた心”。その傷は深く、悲しい――。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【スーパーSALE限定ポイント3倍】Ro...

Ro...
価格:1,641円(税込、送料込)



【楽天ブックスならいつでも送料無料】【スーパーSALE限定ポイント10倍】歌...

歌...
価格:3,424円(税込、送料込)