看板報道番組『クローズアップ現代』の“やらせ問題”で大激震に見舞われたNHKだが、吉高由里子主演の朝ドラ『花子とアン』の外国人キャストが不法就労でドラマに出演していたことを「週刊文春」(文藝春秋/5月21日号)が報じた。

法務省のHPによると「外国人の方が、演劇、演芸、歌謡、舞踊又は演奏の興行に係る活動を行おうとする場合」は「興行」の在留資格が必要だと書かれており、在留資格外の活動は不法就労に該当し、就労先や就労を斡旋した側も不法就労助長罪に問われるという。


ところが、同誌によると、同ドラマに吉高演じるヒロインらが通った、女学校の外国人校長役を演じたニュージーランド出身の女優トーディ・クラークの在留資格は「芸術」で、本来ならば芸能活動はNG。
おまけに、受け入れ先によると、トーディは2013年10月に失踪したため、警察に失踪届を提出して、捜しているうちにドラマへの出演が決定。
そのことをドラマのチーフプロデューサーに訴えたが、まったく問題視せず。
NHKは同誌に対し「必要な資格外活動許可を取得した上で、出演しています」とコメントするなど、まったく問題意識がなかったというのだ。


「オーディションで選ぶヒロインならば、あれこれ調べてから使うだろうが、脇役の外国人キャストならば、それなりにハマるような女優がいれば何も考えずに起用してしまうことは昔からあった。
今回も、外国人タレントの扱いに慣れた芸能プロからの紹介だったというが、もし、もっとヤバイ過去のある外国人キャストだったらアウトだった」(NHK関係者)


同じ朝ドラでは、オーディションでヒロインに選ばれ、『マッサン』でエリーを演じた米女優のシャーロット・ケイト・フォックスが、お蔵入りしかけていた映画『誘惑のジェラシー』でフルヌードを披露していたことが先ごろ発覚。
今月末には、パッケージで大々的に劇中のシャーロットの顔をクローズアップしたDVDが、世界に先駆けて日本で発売されることが決定している。


「どうやら、シャーロットの事務所が、どうせお蔵入りして世に出ないと思い、NHKに伏せていたようだ。
そのことは、週刊誌誌上で記事になってからNHKサイドが知って激怒。
今後、シャーロットはしばらくNHKを“出禁”になったようだ。
しっかり経歴を調べなかったNHKのミスだが、NHKは自分たちの非を認めたくないのだろう」(芸能デスク)


放送終了後に大問題が発覚した『花子とアン』と『マッサン』だが、今後、どのような形で再放送されるかが注目される。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】連続テレビ小説 マッサン 完全版 ブ...

連続テレビ小説 マッサン 完全版 ブ...
価格:11,957円(税込、送料込)



★送料無料★連続テレビ小説 「花子とアン」完全版 D...

連続テレビ小説 「花子とアン」完全版 D...
価格:12,640円(税込、送料込)



【楽天ブックスならいつでも送料無料】シャーロット・ケイト・フォッ...

シャーロット・ケイト・フォッ...
価格:2,419円(税込、送料込)