不倫騒動から1年4カ月が経過した矢口真里(31)のタレント活動復帰が囁かれている。

関係者が在京キー局に「年内に復帰出演」の打診を始めているという情報があり、それに加え、矢口がインターネット番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』に電話で登場したことで、復帰が近いのでは? と言われているのだ。


番組に出演していた元モーニング娘。の保田圭(33)が、番組中に矢口へ電話を掛けた。最初は出なかったが、矢口が折り返しの電話をしてきて、サプライズが実現。
キャスター役の『ナインティナイン』岡村隆史(44)が「元気か。そうか。それやったらよかった。全然大丈夫や。俺たち的には」と話し掛け、それに矢口が答えるという流れだった。


番組では矢口の声は流れなかったが、仲間の保田が矢口を電話で登場させたことで復帰近しを感じさせた。
事務所の許可がなければ、電話をかけ直すこともありえない話だ。


矢口が自宅にモデルの梅田賢三(26)を連れ込んでいたところへ、夫で俳優の中村昌也(30)が帰宅。
中村と間男の梅田が夫妻の寝室で鉢合わせた。
これが女性週刊誌にスクープされ、その3カ月後の昨年5月に矢口と中村は別居中と報じられた。
この衝撃の出来事が明るみに出たことがきっかけとなり、夫妻は離婚する。


不倫妻のレッテルを貼られた矢口に仕事の依頼は激減した。
それどころか、矢口はマスコミに追われる羽目になり、10月には正式に芸能界を休業すると発表した。


その矢口にようやく出てきた復帰の話題だが、一番問題は不倫騒動の相手といまだに交際が続いていることだ。同棲中という報道もある。

「事務所は復帰にあたって『梅田と別れろ』と強く希望したそうです。
しかし、矢口が拒否。交際は続いています。
最終的には事務所が折れた形かな。矢口は彼に本気なんですよ」(テレビ制作会社スタッフ)


そして、その矢口復帰を岡村が、ニッポン放送『オールナイトニッポン』で、「もう、エエと思うねんけどね、復帰しても。もう、いろんな罰受けたからね。
離婚するってことにもなったわけやから。まあでも、最初が難しいけどね…」と、復帰には難関が待っているとことを匂わせた。
また岡村は、「ええよ、矢口っちゃん。ウチのラジオ。ウチ、一人でやってるから。ゲスト、来てよぉ」とも呼びかけた。


明石家さんまも関西ローカルで放送されている『明石家電子台』で、「矢口は既に気持ちが離婚してた。かわいそう…」と、同情的な発言をしていた。


「世間が認めるであろう復帰の条件は、梅田との愛を貫くことですよ。
記者会見を開いて二人の仲をちゃんと説明すること。
彼女はゲーム好きの人たちからの支持が高くて、まだ信じられないほどファンがいっぱいいる。
ゲーマーたちは彼女の復帰をクビを長くして待っているんですから」(芸能リポーター)