疲れた体を回復させたいと思ったとき、人はエナジードリンクの力を借りる。
しかしエナジードリンクを飲むと、余計疲れてしまうとしたら…?そんな本末転倒なことが起こるらしい。

英Health Food Manufacturers’ Associationは、「エナジードリンクに含まれるカフェインは、ミネラルや鉄分の吸収を阻害する」と警告している。


鉄分不足は特に若い女性に多く、11歳~24歳の女性の実に4割が推奨摂取量に足りていないという。
しかもそんな最も鉄分を摂ってもらいたい若い女性 が、週に5本ものカフェイン入りエナジードリンクを飲んでいるとか。


また女性に限った話ではなく、18歳~24歳の若い世代1万人に尋ねたところ、3/4の人がカフェインが体に必要なミネラルの吸収を妨げる事実を知らなかったという。


もう1つ気になるデータがある。
英市場調査会社ミンテルが行った調査では、回答者の約半数がエナジードリンクを消費したが、男性の54%、女性の60%が「いつも疲れている」と答えている。


「エネルギーが補給された」と感じると7~8割の人が「元気になる」と答えたものの、その効果が切れると6割が「疲れてイライラしやすくなった」と回答。


エナジードリンクをめぐっては、一時的な疲労回復効果はあるが、不整脈などの心血管症状や睡眠障害、緊張、吐き気など健康への悪影響を指摘する声が後を絶たない。
その多くがカフェインの過剰摂取によるものと考えられ、今回の英協会による警告もその1つとされている。