慰安婦報道の大誤報を認めながら謝罪もしない朝日新聞に対し、同業者からも批判や疑問の声が高まっている。

先陣を切った産経に続いて、28日には読売が検証連載を開始し、朝日と論調が似通う毎日までも、謝罪をすべきだとする寄稿を載せた。
さらに朝日が、追及キャンペーンを張る週刊誌の新聞広告を拒否して抗議を受ける事態にもなっている。


朝日の慰安婦問題をめぐる対応を批判するのは、同問題を長年追及してきた産経だけではない。
読売は28日朝刊の1面と4面で、「検証 朝日『慰安婦』報道」と題する連載を開始し、1回目は、「吉田証言」を疑問視する声が上がりながら放置してきた実態などを詳細に報じた。


毎日も同日オピニオン面で、ジャーナリストの森健氏の「まず誤報の謝罪を」とする寄稿を掲載。
森氏は「これが他紙だったら、朝日はどう報じたのだろうか」と朝日の報道姿勢に疑問を投げかけた。


今週発売の週刊誌各誌も朝日批判の記事を大きく掲載している。
文芸春秋は27日、週刊文春9月4日号(28日発売)の新聞広告掲載を拒否されたとして朝日新聞社に厳重抗議した。
同誌は「なぜ日本を貶めるのか? 朝日新聞『売国のDNA』」と題する追及キャンペーン第2弾を掲載している。


週刊新潮も9月4日号(同)で「『朝日新聞社』の辞書に『反省』『謝罪』の言葉はない! 1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」を掲載したが、朝日新聞社に広告掲載を拒否された。


新潮社は「(朝日の)担当者に口頭で抗議した。
来週号で広告掲載拒否の経緯を検証・批判する記事を掲載する予定」(広報宣伝部)としている。


メディアの朝日包囲網は日増しに強まっている。