6月20日に放送されたNHK連続テレビ小説『花子とアン』の一触即発のワンシーン。


これが後に「白蓮事件」として世間を騒がせる大事件を起こす仲間由紀恵(34才)演じる蓮子と、その恋人となる年下男・宮本龍一の運命的な出会いだった…。

蓮子が心を寄せることとなる年下男・宮本を演じるのは、中島歩(25才・なかじまあゆむ)だ。

正直、あまり聞き覚えのない名前の中島。
無名の彼が、大女優である仲間の相手役に抜擢されたのには、ある大物の尽力があったからだという。

その人物こそが『花子とアン』の「ごきげんよう、さようなら」のナレーションでおなじみの美輪明宏(79才)だ。

日本大学藝術学部在学中にモデルとして芸能活動をスタートさせた中島が、役者の世界に足を踏み入れたのは、昨年のことだった。

中島は、美輪が主演・演出を務め、彼のライフワークともなっている三島由紀夫戯曲の舞台『黒蜥蜴』(くろとかげ)で、約200人のオーディションを勝ち抜き、美輪の愛人役に選ばれた。

「『黒蜥蜴』は1968年の初演以来、美輪さんが節目、節目に演じてきた大切な作品です。
美輪さんは本当に信頼できる相手役を見つけなければ、舞台の再演はしませんから、それだけ中島さんのことが気に入ったんだと思いますよ。
また美輪さんは“恋をしないときの自分は渇いている”と言い続けていますからね。
この子だと思ったら、とにかく素直に入れ込むんですよ」(舞台関係者)

美輪にとっても、昨年の『黒蜥蜴』は5年ぶり。期待に胸を躍らせたことだろう。

「美輪さんは中島さんに対して“本当に手がかかるわね”とか“あなたには、何もないのね”などと、あえて厳しい言葉をかけ続けたそうです。

でも裏では“あの子は、私の若いころに似ている”と言ってましたので、期待の裏返しだったんだと思いますよ」(前出・舞台関係者)

そんな美輪の指導に対して、中島も「稽古での美輪さんとぼくの関係こそが『黒蜥蜴』だと思うんです」と嬉しそうに語っていた。

「美輪さんは“もっと体を大きくしなさい”なんてことまで言っていました。

中島さんも“美輪さんに認められるように”と過酷な肉体改造まで行っていましたよ」(前出・舞台関係者)

こうして美輪の寵愛を受けるようになった中島。
そして、そんな努力が実り、ついには朝ドラデビューまで果たす。

「『花子とアン』の宮本役もオーディションで掴み取ったんです。
美輪さんに中島さんが選ばれたことを伝えると、“あらそう! あの子は一生懸命やる子だから、よろしくね”とすごく喜んでいたそうです。

美輪さんは撮影現場に、いろいろと差し入れをしてくださるんですけど、中島さんが現場にいるときは、差し入れが豪華な物になった気も…。
それほど嬉しいんでしょうね」(NHK関係者)