人気シンガーソングライター・長渕剛(57)が、元マネジャーのT氏から“殴る蹴る”の暴行を受けたとして、約211万円の損害賠償を求める裁判を今年3月に東京地裁に起こされていたことが明らかになった。


「長渕を提訴したT氏は一昨年、『バブルガム・ブラザーズ』のブラザー・コーンが暴力行為等処罰法違反の疑いで警視庁に逮捕された際の被害者です。
その後、別件でT氏は同容疑で逮捕されてもいる。長渕サイドは暴行を否定し双方の主張は真っ向から対立していますが、長渕は以前から指導のつもりか弱者に対して手を上げてきた。
T氏の提訴で次々にこれまでの暴行醜聞が明るみに出るのは時間の問題だと思いますよ」(元所属レコード会社社員)

長渕をデビューの頃から知る音楽関係者が証言する。
「これまで表沙汰になりませんでしたが、ドラマのADやコンサート関係者、長渕の元事務所スタッフ等々…彼の暴力に泣き寝入りした人間は数知れませんよ」

長渕は'93年に放送された連続ドラマ『RUN』(TBS系)に主演。同ドラマの打ち上げパーティー終了後の“AD暴行事件”が報じられた。
「打ち上げが終わった後、長渕は先輩の共演者に失礼な態度を取ったという理由で、ADをサンドバッグのように殴ったんです。
しかもADに金を投げつけて“訴えるなら訴えてみろ”と捨てゼリフを吐いた。弱い立場のADは泣き寝入りするしかなかったんです」(元女性誌記者)

その後もトラブルは起きた。
長渕はコンサート関係者に些細な理由で暴行。全治6カ月という重傷を負わす行為があったという。
「結論から言うと、事件は示談で解決したんですが、長渕の関係者は被害者に口外しないよう説得したため、表面化しなかった。彼は空手の有段者ですからね。凶器で殴ったのと同じですよ」(前出・元所属レコード会社社員)

長渕は個人事務所に所属しているが、業界では社員の入れ替わりが激しい事務所として知られている。
「すぐにキレる長渕のDVに耐えられないという噂は絶えません。
今回、長渕を提訴したT氏も短期間の契約だった。
それにしても、事件は3年前。何で今になって訴えたか? 理解に苦しみますよ」(音楽ライター)

真相は裁判で明らかにされるか。