AKB48の木崎ゆりあが、フジテレビのバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」のワンコーナー「めちゃ日本女子プロレス」のリハーサル中に左手首を骨折し、全治3~4週間と診断されたことが21日、わかった。


同局は「安全性には細心の注意を払っておりましたが、このようなことになってしまい、木崎さんに対して大変申し訳なく思っております」とコメントを発表。
木崎は自身のGoogle+で「左手首が今はまだちょっと痛いんですけど写真の通りゆりあピースも出来るし、今日も雑誌の撮影が通常通りで来ているので大丈夫です!!」と報告した。

同番組は、5月3日放送の予告で「STAP細胞」論文問題の捏造疑惑で話題となっている小保方晴子氏のパロディネタ「阿呆方さん」を公式サイトで流していたが、ネット上で「やりすぎ」「一般人いじめ」「名誉毀損」など批判が殺到。
小保方氏扮する重盛さと美が会見場で「○○はあります!」と訴えると、頭を何度もスリッパで叩かれるという内容で、小保方氏の代理人弁護士も抗議文を同局に送付するという騒動に発展した。
その影響からか、放送日に同内容が放送されることはなかった。
また、2013年の「FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」で、「爆裂お父さん」のコーナー中に、加藤浩次がAKB48の渡辺麻友の頭を蹴り飛ばしたことで、大きな波紋が広がったこともあった。

最近の騒動と木崎の骨折報道を受けて、ネット上では「もう番組打ちきれよ」「またフジで事故かよ」「この番組なくなればいいのに」「やっぱめちゃイケってクソだわ」「めちゃイケ終了でいいよ不祥事ばっかじゃねえかww」など、「めちゃイケ」打ち切りを望むコメントやフジテレビを批判する意見が急激に増えている。

このまま余りにも不祥事が続き、批判の声が挙がるようであれば、番組打ち切りの危機に発展する可能性もある。