2012年末に政界引退を表明した鳩山由紀夫元総理大臣。


今年2月には、民主党の海江田万里代表と会談し、離党を示唆。
その去就が、注目されてきたが、とんでもないプランが浮上しているのだ。

政界関係者が語る。

「実は、今年11月に選挙が行われる沖縄県知事選挙の出馬が取りざたされています。
3月には、民主党の喜納昌吉元参議院議員が党の推薦による出馬を打診したが『ありえない』と一蹴した。
だが、水面下で市民運動グループを巻き込んで出馬を検討。
すでに那覇市内で事務所を物色しています」

政界引退後も相変わらず、中国での講演活動や、今年3月15日には一般財団法人「東アジア共同体研究所」を設立。
ここを拠点として、再スタートを図るつもりだという。

「鳩山氏の目標は、アメリカ軍基地の沖縄県外への早期移設。
さらには、外国人参政権など、政界引退以前と何ら変わりない。
総理での失態を沖縄県知事として、捲土重来を喫したいようですが、地元民の反応も薄いですよ」(地元ジャーナリスト)

「最低でも県外」は、沖縄県民の本音だろう。