「週刊文春」(文芸春秋)で覚せい剤などを使用していることを報じられ渦中の、元プロ野球選手でタレント活動もしている番長こと清原和博だが、発売中の同誌が巨人時代から薬物を使用していたことを報じている。


同誌によると、清原が巨人時代に使用していたとされるのは、アンフェタミン系興奮剤の「グリーニー」。
飲むと眠くならず、腹が減らず、集中力が出るなど覚せい剤と同じような効果をもたらすそうで、清原はコーヒーに溶かして服用していたという。

同誌には覚せい剤で逮捕歴のある元チームメートへ01年に携帯電話のショートメールで薬物を催促したメールを掲載。
そのチームメートが証言するところによると、清原の薬物使用が始まったのは98年ごろのことで、05年オフにオリックスに移籍する前には相当薬物にのめり込んでいたというのだ。

「『グリーニー』はメジャーリーガーが持ち込み日本国内でも服用する選手が現れたが、ある薬物事件で逮捕された選手は、公判で外国人選手から勧められてグリーニーに手を出し、同僚選手にも分け与えながら大リーグ挑戦のためアメリカに渡るまで服用を続けていたことを明かしている。
清原以外の選手が手を出していた可能性もありそうで、球界にとっては大スキャンダル」(プロ野球担当記者)

また、同誌は清原と複数の暴力団関係者との親密交際も報道。
薬物のみならず、“黒い交際”も暴かれたとなれば、今後の仕事が激減しそうだ。

「清原は周囲に薬物使用を否定し、『文春』の記事に激怒しているようだが、同誌はまだまだ清原に関するネタを持っているようで、今後、またまた爆弾級の記事が出そう」(週刊誌記者)

いよいよ番長が追い詰められるか。