総務省は29日、携帯電話向けの新たな周波数をソフトバンクモバイルに割り当てることを決めた。

電波監理審議会(総務相の諮問機関)が同日、この方針を了承した。一つの割当枠に対し、同社とNTTドコモ、KDDI(au)、イー・アクセスの4社が利用を申請。激しい争奪戦となったが、同省が各社の事業計画を審査した結果、使用している電波が最も混み合っているソフトバンクが選ばれた。

>>光回線を巡るNTT,KDDI,ソフトバンクの野望

大量のデータをやりとりするスマートフォン(多機能携帯電話)の普及で、携帯向けの周波数は今後不足が見込まれる。
同省は通信量増加に対応し、携帯向けの周波数を増やしていく方針だ。

>>ソフトバンク「常識外」の成功法則

今回割り当てられるのは900メガヘルツの周波数帯。
700~900メガヘルツは障害物を避けて届きやすいため「プラチナバンド」と呼ばれる。
ソフトバンクは、ドコモ、KDDIに続き契約者数で業界3位だが、上位3社の中で唯一プラチナバンドを持っていなかった。