2013年はこの“景気のいい”ニュースで始まった。

1月5日、東京・築地の中央卸売市場で行なわれたマグロの初競りで、寿司チェーン「すしざんまい」の喜代村が1本222キロの大間産クロマグロを1億5540万円で落札。
2012年の最高値5649万円の3倍近い過去最高額となった。
  
この伸び方だと、2014年の初競り(1月5日)ではまさかの「2億円」台も──こんな期待をぶつけるべく、同社の木村清社長に取材を申し込んだが、長期の海外出張中のためあえなく断念。
一方、2008年から2011年まで4年連続で最高値で落札し、2012年、2013年とすしざんまいとの競りに敗れた「板前寿司ジャパン」の中村桂社長に意気込みを聞くと、意外な答えが返ってきた。
  
「初競りには参加しますが、今年は最高値競争をやるつもりはありません。
マグロ1本に1億円を超える額はやはり異常ですし、こういう事態を収束させる責任も私たちにはあると思うので。
当社が参加しないことで、222キロのマグロだと、450万~550万円くらいの値段に戻るのではないでしょうか」
  
テレビや新聞への大露出で、広告効果が40億円とも報じられたすしざんまいのマグロ初競り戦略。
ライバルの“不参戦”を一番嘆いているのは名物社長かもしれない?