EXILEの41枚目のシングル「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」(rhythm zone)の出荷枚数がミリオン(100万枚)を達成したことが、所属するエイベックスから発表された。


4月にリリースされた同シングルは、これまで出荷枚数99万1,573枚を記録。
ミリオンにはわずかに届かなかったが、今月23日にパッケージの仕様などを変えた“スペシャル・エディション”が発売され、帳尻を合わせたような形でようやくミリオン達成となった。

EXILEはアルバム6枚がミリオンを記録しているが、シングルではこれが初。
AKB48を除くと、7年前に大ヒットした秋川雅史「千の風になって」(タクミノート)以来の快挙だという。

しかし、「EXILE PRIDE」の売り方については、以前から「AKBよりもひどい」という声が相次いでいる。

EXILE公式サイトのディスコグラフィーには、同楽曲と、インストバージョンの計2トラックが収録された「シングル」(840円)と、そこへビデオクリップ1曲入りのDVDが加わった「シングル+DVD」(1,575円)、そして今回発売となった「スペシャル・エディション」(1,890円)の3形態が掲載されている。
これだけ見れば、今月30日にシングル「ハート・エレキ」(キングレコード)を全9形態で発売するAKBと比べても良心的な印象を受けるが、そこにはファン以外は知るよしもないカラクリがある。

「4月のリリースから段階的に、ローソン限定CDやミュージック・カードなどを含め、合計17種を販売。
ライブチケット1枚につき強制的に1枚のCDを付けて売り上げ枚数を増加させた上、ライブ会場では会場限定特典を付けて販売。
昨年6月に発売されたシングル『ALL NIGHT LONG』(rhythm zone)もライブ会場限定のソロジャケットCD(14種)を含む17種をリリースしましたから、もはや常態化しているといえます」(芸能記者)

ミュージックカードとは、パソコンやスマホから専用サイトにギフトコードを入力することで、楽曲がダウンロードできるというもの。
日本で初めてミュージックカードで音源を発売したのはEXILEであり、現在、多くのエイベックス所属アーティストがこれを採用している。
CDよりかさばらないため大量購入がしやすく、多くのファンは音源を買うというより、絵柄の異なるカードを集める目的で購入。
カードの売り上げがそのままオリコンランキングのCDの売り上げにカウントされるため、アーティストにとってはお得なのだという。

また、先月26日の東京ドーム公演では、「EXILE PRIDE」会場購入者を対象に「EXILEメンバーに会える! BACKSTAGE PASSが当たる大抽選会」を開催。
さらに、会場限定ミュージックカード全14種を同時購入すると、「非売品ミュージックカードコンプリートファイル」がもらえるため、販売ブースでは1枚500円のカードが面白いように売れたという。

これに、ネット上では「AKBの握手券・投票券のように、大っぴらにやってないところがズル賢い」「インチキミリオン」と批判の声も。

「“EXILE商法”自体は、ファンが喜んでいるなら問題ないですし、“悪徳”というには微妙なところ。
EXILEは東日本大震災以降、『日本を元気に』をスローガンに、復興支援チャリティー曲を発売するなど慈善活動を前面に押し出し、『世界平和』『愛』『絆』などという言葉を散々並べてきた。
しかし一方で、今や多くの人から“金ザイル”などと呼ばれ、その金儲け主義に嫌悪感を抱かれている。
商売の仕方と、パブリックイメージがかけ離れたアーティストといえます」(同)

2014年の1年間は「EXILE TRIBE パーフェクトイヤー」と銘打ち、のべ200万人を動員する数々のイベントを打ち出すと発表したEXILE。
今後も、新たな特典を付けて「EXILE PRIDE」を売り続ければ、ダブルミリオンも夢ではないだろう。