1982年の放送開始から長きにわたって日本の昼を彩ってきたフジテレビ系の帯番組『笑っていいとも!』が、来年3月で打ち切られることが分かった。22日の放送で、司会のタモリによって発表された。

番組エンディングで、出演者の笑福亭鶴瓶が突然「『いいとも!』終わるってホンマ?」と切り出すと、アルタの客席は騒然。続いてタモリが落ち着いた表情で、「来年の3月で『いいとも!』終わります」と告げると、場内は悲鳴に包まれた。

タモリはなおも、「30からこの世界入ったじゃない? するするするっと横滑りで入って、6年後にこの番組やったんです。『いいとも!』で初めて、芸能人として格好がついて、(番組開始から)32年、(フジテレビが)ずっと守ってくれた。感謝しても感謝しきれない」と番組への思いを語った。

昨今では『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)などの台頭で苦戦を強いられてきた同番組。
長年お茶の間に馴染んできたテーマソングを廃止したり、「テレホンショッキング」のコーナー以外にタモリが出演しなくなったりと小リニューアルを繰り返していたが、ついにその歴史に終止符を打つことになった。

「特に、最近ではタモリと演出側との意見が合わずにタモリがコーナー出演をボイコットするなど、現場の雰囲気は最悪だった。
結局、溝は埋まらなかったということでしょうね。
フジとしても、長年の功労者であるタモリと『いいとも!』の晩節を汚す前に……という判断でしょう」(テレビ制作会社スタッフ)

芸能人にとって、レギュラー出演することがステータスだった名物番組の歴史が、あと半年で幕を閉じる。