世界で1億台以上を出荷した任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」が生産を終えることが1日、明らかになった。

同社広報室では「今後Wiiのソフトは、(現行機の)WiiUで遊んでもらえれば」と話している。
海外で発売されているWiiの低価格版「Wii mini」は、生産を続けるという。

Wiiは06年に発売された家庭用ゲーム機で、テレビのリモコンのような端末「Wiiリモコン」をラケットに見立てて振るなど、従来のゲーム機とは異なる操作が特徴。
野球やテニスの体感ゲームをそろえたソフト「Wiiスポーツ」や、健康ソフト「WiiFit」などがゲームを普段遊ばない層の支持も集め、一時代を築いた。

しかし任天堂以外のゲーム会社が、独特の操作を活用したソフトを生み出せず、他のゲーム機に優先してソフトを供給するようになったため、普及期の後半にはソフトが不足、苦戦していた。

現在は、Wiiとソフトの互換性がある「WiiU」が昨年末から発売されており、これまでに360万台以上を出荷している。