2020年オリンピックの東京開催が決定し、喜びに湧く人、原発関 連の欺瞞に怒りを抱く人とさまざまな声が聞かれるが、マーケットは週明けからインフラ整備の期待などから不動産、ゼネコン株が急騰。
陸運や観光業界の株価も上昇が期待されている。


そんな中、とある小売業が週明けの東京市場前場でいきなりの急伸を見せた。

とある小売業とは……その名も「Olympicグループ」!
東京・神奈川など南関東圏ででスーパーマーケット・ホームセンターを経営する企業である。

寄り付き766円でスタートした途端に急伸、なんと797円まで急騰したのだ。
ところが、その後は急速に前日の終値まで戻ることに。

これはまさか、国内外の投資家が名前に釣られて「オリンピック関連株」と勘違いして急速に買ったはいいものの、途中で「これ違くね?」と気づいた……ってことなのだろうか。

勘違いで急騰した(?)株もあるけれど、今後は日本の株価にはいい影響があるだろうと言われている五輪招致成功。

景気上昇と同時に、安倍政権にはスピーチで言ったようにしっかりと福島第一原発を「アンダー・コントロール」して汚染水問題を解決し、被災地復興も達成してもらいたいところだ。