完全無所属にこだわり、公認や推薦の打診を断ったうえで、参院選に当選した山本太郎(38才)。
そんな彼が頼ったのが、震災後のボランティアや反原発活動で築いてきた絆だった。

「山本さんは今回の選挙前から、ツイッターやブログで反原発を訴え続け、その考えや行動に賛同する人が大勢いました。
だからこそ、今回の選挙活動では1000人を超えるボランティアが集まったんです」(政治部記者)


>>世界ウルルン滞在記 Vol.6 山本太郎


そうして、今回念願の当選を果たした山本だが、ひとつ気になるのが、晴れの場に、2012年5月に結婚した妻の元女子プロサーファー・朱璃さん(20才)の姿がなかったこと。
選挙戦といえば、夫人同伴で臨む候補者も多いのだが…。

女性セブンは朱璃さんの携帯に何度も電話をかけたが、ずっと話し中だった。
朱璃さんの行方や近況を聞こうと、彼女の実家を訪ねた。
すると、朱璃さんの父は、山本の名前を出すや怒りに体を震わせた。

結婚直後に山本が、女性セブンをはじめとする多くのマスコミに、義父が朱璃さんに対して虐待をしていた過去を告白したことに対する怒りがまだ消えていなかったのだ。

「うちで山本太郎という名前は禁句。あれ以来、もう(山本や朱璃さんとは)連絡も取ってないし、全く知らない」

当選後も、妻に関する発言は一切ないまま。
今は家族のことより、原発廃止など、大きな問題に取り組むべきという決意の表れなのだろうか。