『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の総合司会を務めるタモリが、生放送の番組の途中から姿を消すという事態が起こり、話題となった。
『笑っていいとも!』をめぐっては、ここ数年、制作費の大幅削減と視聴率低下を受けて、“タモリ降板説”がささやかれていただけに、今回の騒動と結び付ける向きも少なくない。

タモリには、約1年前にも「9月に降板」というウワサが流れた。
だが、タモリの所属事務所幹部は筆者の取材に「フジからは降板の話は来ていないし、タモリは体力が続く限り、続けるつもりです」と否定。

あれから1年、タモリは7月1日に放送された『笑っていいとも!』のオネェ系のイケメンを決める『オネメンコンテスト』のコーナーの冒頭にはいたのだが、途中から消えて、最後まで現場に戻ってくることはなかった。
一部では、体調不良説なども流れたが、実態はどうも違うようだ。

その裏事情を、フジに出入りしている制作会社のスタッフに聞くと、こんな話が出てきた。


>>スーパーファミコンソフト 笑っていいとも! タモリンピック


この春から、『笑っていいとも!』の演出担当者がS氏に代わったという。
S氏はフジの上層部の意向を受けて、視聴率を取るために主婦層に受ける企画を、タモリの意向を無視して推し進めた。
そのひとつが「オネメンコンテスト」のコーナーだったようだ。
S氏はタモリを説得したが、タモリは「だったら、俺じゃなくてもいいよな」とキレて、7月1日の放送で実力行使に出たという。
実は、タモリは過去にも同じようなケースで番組を降板したことがある。

日本テレビで、1982~89年10月まで放送されていた、タモリが司会を務めたトークバラエティコント番組『今夜は最高!』。
マニアックながら玄人受けする番組として、業界関係者からも高い評価を得ていた。
故・美空ひばりさんも出演するなどして、夜11時台の枠にもかかわらず、視聴率は良かった。

ところが、87年からスタートしたフジの裏番組『ねるとん紅鯨団』に押されて、視聴率が低下。
同番組のスポンサー筋から「タモリではもうダメだ。数字は取れないだろう」といった情報が漏れ伝わり、
それが耳に入ったタモリは「だったら、こっちから願い下げだ」と激怒して降板し、番組が打ち切られた。

それ以降、タモリは日テレのレギュラー番組の話があっても拒絶してきた。
それほど、プライドが傷ついたということだ。
今回、この時と同じようにオネェ系のイケメン企画をS氏が推し進めて、タモリのプライドが傷ついたのだとしたら、今後、降板する可能性は極めて高い。

水面下では、早くもタモリの後継者が、SMAPの中居正広や、くりぃむしちゅーの上田晋也と有田哲平という話も持ち上がっているが、タモリの降板と同時に『笑っていいとも!』も終了するというのが関係者の見方。
それでなければ、タモリも所属事務所も納得しないだろう。
S氏、トラの尾を踏んでしまったかもしれない。