『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』の生みの親として知られる人気漫画家の鳥山明氏が、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で13年ぶりに新連載をスタートさせることが明らかになった。
きょう1日発売の同誌内で「創刊45周年記念の新連載第一弾」として発表された。
>> 鳥山明作品

タイトルは『銀河パトロール ジャコ』。
物語の詳細は明かされていないものの、登場キャラクターもすでに公開されている。
連載は13日発売の33号からスタートする。


鳥山氏が連載を行うのは、同誌2000年23号(5月9日発売)から同年36・37合併号(8月8日発売)まで手がけた『SAND LAND』以来約13年ぶり。

同誌に作品が掲載されるのは、2010年50号(11月15日発売)の『KINTOKI-金目族のトキ-』以来、2年8ヶ月ぶりとなる。


最近では、今年3月に17年ぶりに劇場公開されたアニメ映画『ドラゴンボールZ』の脚本に初めて深く関わり、原作517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年の間に起こったエピソードを手がけている。