15%OFF【送料無料】 浜崎あゆみ ハマサキアユミ / LOVE again 【CD】
浜崎あゆみ LOVE again
歌手・浜崎あゆみに新恋人の存在が発覚したが、マスコミはシラケムードだ。

「女性セブン」(小学館)7月11日号によると、新恋人はもともと浜崎がロスを訪れた際にコーディネーターとして知り合った年下の白人男性で、浜崎の離婚・破局を知り、心配して連絡を入れ、今春ごろから交際を開始したという。

現在、全国ツアー中の浜崎だが、スケジュールが空いていた今月14日に出演した韓国のイベントに男性も同行。
16日から20日までは高級リゾート地・バリ島を訪れ、1泊70万円のスイートルームに宿泊。
男性が浜崎に寄り添っている姿や、23日にツアーの神戸公演を終え羽田空港に2人で降り立った姿を、同誌はキャッチしている。

「セブンは浜崎に近い人間を情報元として押さえているようで、わずか1年で離婚した俳優のマニュエル・シュワルツのとの夫婦関係の詳報を掲載。
さらに、昨年11月に元バックダンサーのマロこと内山麿我との交際をスクープし、その後、マロが前妻と離婚調停中であることや、マロが不倫していたモデルとの間に子どもがいたことをスクープした。
とはいえ、なんだかんだいって、すべてが浜崎の“PR”につながっているのだが。
ただ、もはや浜崎の熱愛は、そこまで大きく後追いするネタではなくなってしまった」(スポーツ紙記者)

かつて、TOKIO・長瀬智也と8年間交際していた時期は、レコード大賞3連覇(2001~03年)など浜崎の全盛期と重なっていたこともあり、メディアでは熱愛関連以外のニュースも大々的に取り上げられた。
だが、現在ではその熱狂がウソのように、開催中のデビュー15周年記念ツアーもほとんど話題になっていない。

「かつて、浜崎の売り上げだけでエイベックス全体の4割を占めているといわれていたが、いまや『オワコン』扱い。
浜崎の周辺からは『きっと、ツアー中に何か“仕掛ける”』という声が聞こえてきただけに、今回の新恋人報道も『やっぱり出してきたか』という感じ。
これでまたメディアも浜崎に多少は注目するに違いないが、肝心の本業は、今年2月に発売したオリジナルアルバム『LOVE again』の売り上げが10万枚にも届かず、ツアーの地方公演は集客に大苦戦」(音楽関係者)

もはや、目指すところは、男性遍歴がその芸能生活を彩っている同郷・福岡の先輩である松田聖子か?