【送料無料】鳥インフルエンザの正体 [ ジョン・コールマン ]
鳥インフルエンザの正体
中国国営の新華社通信の発表などによれば、4月11日の時点で、中国国内の新型鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染者は計38人、死者は10人に達した。
患者の一部は養鶏業務に関わっていたことが確認されており、生きた鳥を取引する上海の市場でも、食用のニワトリとハトから同種のウイルスが検出されている。

世界保健機関(WHO)中国事務局のマイケル・オレアリー代表は、「現時点で人から人への感染は確認されていないが、感染例は症状が非常に重く、死亡率も高いことがわかっている」と、事態の悪化を憂慮。
ウイルスの爆発的な感染拡大を防ぐための体制づくりは、まさに一刻を争う急務となっている。

しかし、中国の医療・畜産事情に詳しい上海在住のジャーナリスト、程健軍(チェン・ジェンジュン)氏は「感染爆発(パンデミック)は防げそうもない」と、中国当局の対応に絶望的な見解を口にする。中国に有効な防衛策はないのか?

「残念ながら、ほぼ無策です。中国では180億羽以上のニワトリが飼育されており、小規模な養鶏場でも100万羽レベル。1平方メートルに30羽以上が押し込められていることも珍しくありません。
インフルエンザに1万羽くらいかかってもおかしくない、というのが現場感覚。
細かいことを気にしていたら、この国では生きていけないのです」

中国の養鶏の現場は、日本人の想像をはるかに超える悲惨な状況になっているという。

「中国の養鶏環境や流通環境を知る多くの人民は、今さら鳥インフルエンザくらいでは驚きません。
多くの養鶏場では、鶏糞をエサの一部として豚や牛を同時に飼育しています。
すさまじい悪臭を放つ多種の動物の糞尿、前が見えないほどの大量のハエ、穴だらけの畜舎の内外を自由に飛び回るハトやスズメなどの野鳥……」(程氏)

その影響は、もちろん養鶏場の労働者たちに及んでくる。

「当然、あらゆる病気の発生率は高く、原因不明とされる奇病で作業員が死亡する事件も多発。
若者の間では、生き埋めや爆発事故が頻発する炭坑労働に次いで『やりたくない危険な仕事』にランクインされています。
もちろん畜舎で発生した病気が、あっという間に近隣に飛び火することも疑いようがありません」(程氏)

つまり、どこかの養鶏場で鳥インフルエンザが流行すれば、そのウイルスが自由に拡散する状況になっているということか。
しかも、中国当局は発生源の特定すらできないのだと程氏は言う。

「本来ならば、発生地域のニワトリをすべて殺処分し、焼き尽くす必要があるでしょう。
しかし現実には、もし仮に当局が『地域のニワトリをすべて焼け』と指示を出したところで、黙って従う人民たちではありません。
近隣の村を挙げて壮大なインフル焼き鳥パーティが始まるか、感染鶏肉が横流しされ、安価で中国各地に流通することになるでしょうね」

15人の感染と5人の死亡が確認された上海市では、市場で売られている食用のニワトリが10万羽以上処分された。
だが、その程度ではまったく解決にならないのが現実のようだ。