ブラザー工業は29日、猫の排尿が原因で焼損事故が発生したとして、
2000年9月~05年11月に生産した家庭用ファクス約60万台を無償点検し、
部品を交換すると発表した。


「過去に猫を飼育していたユーザーも、点検を受けてほしい」と呼び掛けている。


ブラザーによると、05年以降、同社製ファクスで焼損事故が4件発生し、いずれも電子回路基板から猫の尿成分が検出された。
猫がファクスの上で排尿すると、尿がインクリボンを伝って電子回路基板に付着し、微少な火花放電が発生。

これを繰り返すと発火につながるとみている。