【送料無料】正義は勝つ [ 織田裕二 ]
正義は勝つ
このところたびたび俳優の織田裕二がフジの土曜午後11時枠で2年ぶりの連続ドラマ「ぴえろ(仮題)」に出演することが報じられていたが、
発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が出演が白紙になったことを報じている。


ドラマの出演は織田の方から「ギャラは3分の1でもいい」とかなり意欲的に提案したとされていたが、
同誌によると織田の“持ち込み企画”とあって、制作サイドには「視聴率を気にせず、自由にやっていい」という好条件が与えられていたという。
しかし、深夜ドラマなので制作費の問題があり、1本2000万円で作りたい制作サイドに対し、織田のアイデアを取り入れると1本あたり5000万円はかかってしまうため意見がどうしても噛み合わず。
最終的に織田が「この話じゃイヤだ」と降板。
ところが、企画自体を変更するわけにはいかず、織田の代役として個性派俳優の古田新太を起用することになったという。

「このところ、織田は危機感を感じているようで、大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』を意識したようなコミカルなCMや、
犬の“コスプレ”でのCMに出演したりしてイメージアップを図っている。
それだけに、ギャラを下げてでも主演ドラマの仕事がほしかったようだ」(テレビ関係者)

とはいえ、織田の主演作となると、共演者探しに骨を折ることになるというのだ。

「織田はとにかく、自分の思い通りにやらないと気が済まず、
かつては『踊る大捜査線シリーズ』で共演した柳葉敏郎との確執が大々的に報じられた。
最近は織田の主演ドラマ『外交官 黒田康作』で共演した女優の柴咲コウがさんざん織田に台本をいじられ、
同ドラマ以後織田を“共演NG”にした。
これまで織田と共演した女優だと、現状で問題なく織田と共演できそうなのは『踊る-』シリーズで共演していた深津絵里ぐらいしかいない」(週刊誌記者)

ならば共演者がいらない“1人芝居”でも良さそうだが…。