MEDICOMTOY メディコムトイ VCD ドラえもん W-size
ドラえもん
バングラデシュで、日本のアニメ「ドラえもん」のテレビ放映が禁止された。
番組がヒンディー語版で放映されており、子供たちの母国語のベンガル語習得がおろそかになる恐れがあるためという。


ハサヌル・ハク・イヌ(Hasanul Haque Inu)情報相は14日の議会で、
同国内での「ドラえもん」放映禁止を関係放送局に公式に通達したことを明らかにし、
「政府は『ドラえもん』が子供たちの教育に支障をきたすことを望んでいない」と説明した。


禁止に先立って複数の地元紙は、「ドラえもん」を熱心に視聴する子供たちがベンガル語ではなくヒンディー語で会話をしている点に懸念を表明し、番組の放送禁止を呼び掛けていた。
また、与党議員からも、海外のアニメ作品の放映に際してはベンガル語版だけを認可するよう求める声が出ていた。

バングラデシュでは衛星放送を通じて隣国インドのヒンディー語の番組が視聴でき、
国内の数百万世帯でベンガル語の番組より人気が高い傾向があることから、
自国の文化に影響が出かねないとして政府が非常に神経をとがらせている。


ドラえもんは2008年、日本文化を海外に広める役割を担う外務省の「アニメ文化大使」の初代大使に任命されている。