あしたのジョー ちょんまげぷりん

6人組グループ、 NEWSの山下智久(26)と錦戸亮(26)が7日をもってグループから離脱することが同日、所属のジャニーズ事務所から発表された。

山下はソロ活動、錦戸は並行して活動していた関ジャニ∞に専念し、残る4人でNEWSとして活動を続行する。


山下は「これからは1人での挑戦です」と決意表明。
山ピーは同グループの中心的存在だっただけに、ファンの間に衝撃が広がりそうだ。

この日夜、ジャニーズ事務所が2人の離脱を、6人全員のコメントを付けたファクスで電撃発表した。
不祥事や事務所退団以外で同事務所のグループからメンバーが脱退するのは、昨年7月にKAT-TUNから赤西仁(27)が抜けて以来、2例目。


NEWSは結成時9人だったが、03年12月に森進一・昌子夫妻の長男、森内貴寛(23)が学業専念のため脱退。
05年7月に内が未成年飲酒で警察に補導されて無期限謹慎処分となり、06年1月には別の未成年メンバー(当時17)の飲酒騒動が月刊誌に報じられ芸能活動を自粛。
同12月30日に内と未成年メンバーの脱退が正式に決まった。
森内は、その後事務所を辞め、Takaの芸名で別の事務所で音楽活動を再開。
未成年メンバーは事務所を辞めている。


所属事務所によると、山下は今年1月~5月下旬にかけて、韓国、香港などアジア4カ国・地域を含めた国内外を回る単独アジアツアーを行ったが、この準備段階の昨秋ごろから、ソロ活動の希望を抱くようになったという。
同ツアーを終えた6月中旬ごろ、ジャニー喜多川社長(79)に「ソロで自分の力を試したい」などと相談。他のメンバーとの話し合いを経て、9月下旬ごろに脱退することが正式に決まった。


錦戸は、もともと 02年12月に結成した関西を拠点とする関ジャニ∞に所属していたが、NEWS結成にも加わった。
当時は2グループに所属するのは初のケースと話題になった。

が、昨年ごろから関ジャニ∞人気が急上昇。テレビ朝日系でゴールデンタイムの冠番組を持ち、今年11月には初の5大ドームツアーが始まるなど超多忙を究めるため、並行活動は困難と事務所が判断、本人も脱退を受け入れた。

錦戸は文書で「スケジュールの問題で両グループのCDリリースやライブツアーが組み立てづらい状況になってしまうことを申し訳なく思い、このような決断に至りました」と説明。

山下も「NEWSというグループで活動できたことは僕にとって大きな財産」とした上で、「これからは1人での挑戦です。これまでNEWSで得たかけがえのない経験をもって一つ一つの仕事に励んでいきたい」と、改めてソロへの強い意欲を表明した。