TBSドラマの大金星となった『JIN-仁-』。
2009年放送の初回シリーズは同年連続ドラマで最高視聴率を記録し、今年4月から放送された第二期も最終回で瞬間最高視聴率31.7%を記録するなど、同局では久々の大ヒット作となった

また出演者のプライベートも話題性に拍車をかけた。第二期の撮影前に、『フライデー』(講談社)が主演・大沢たかおとヒロイン・綾瀬はるかの熱愛を報じたのだった。
しかし双方事務所は完全否定モードで、公でのツーショットを避けるためか制作発表などが行われることもなかった。

そして現在、TBSは『JIN』のさらなる続編の制作を画策しているという。
初回シリーズ終了の際には、一部スポーツ紙が「映画化決定」と報道したものの、こちらについてはTBSが完全否定。

オフィシャルサイトで「今後の事に関しては現在検討している段階です。『映画化』などの決定している事はまだない状況での本日の記事には、我々も困惑しております」と異例のメッセージをアップしたほど徹底した否定だった。

結果的に続編は再びドラマで放送され、「完結編」と銘打たれた第二期放送もそのまま終了した。
「映画化」報道の話は自然と風化していったが、同局は現在も水面下で映画化交渉を進めているというのだ。
しかしいまだにGOサインが出ない理由は綾瀬サイドにあるという。


「第二期の放送中から、TBSは綾瀬所属のホリプロにオファーを送り続けていたそうです。しかし回答は『多忙のため難しい』の一点張りで、相当先のスケジュールを見越してもNGが出てしまっているのだとか。確かに綾瀬は来年公開の映画出演が現状3本も入っているし、13年のNHK大河ドラマ初出演も決定しています。しかしやはり、一番のネックは大沢との関係ではないでしょうか」(広告代理店関係者)

もはやホリプロの看板女優へと成長した綾瀬だけに、熱愛報道に対しての同社の警戒ぶりはすさまじかったそう。

また、交際に反対だったのはホリプロだけではなく、大沢に近しい人間も同じだったようだ。
ふたりの交際をマスコミが知るところになったのは、大沢サイドからのタレコミが発端だった。

「とある女性週刊誌に大沢の親戚女性から『あんな若いアイドルと付き合って、大沢が不抜けてしまった。記事を出して別れさせてほしい』とタレコミがあったんです。
しかしどうしてもツーショットを抑えることができず、巡り巡って『フライデー』が大沢の自宅に入っていく綾瀬の写真のみで掲載に踏み切ることになったようです」(女性誌記者)


その後続報もないことから、現在の大沢と綾瀬の関係は明らかになっていない。
しかしどうしてもホリプロが共演をOKしない理由は、「すでに破局しており、元カレとの撮影に参加させることを止めているのがひとつの可能性。もうひとつは、現在も交際中だが『すでに破局している』ことが世間に浸透されつつある現在、報道の再燃を懸念しているのでは」(前出代理店関係者)とのことだった。

大ヒット作品だけに続編を切望するファンも多く存在するため、「綾瀬が登場しない脚本を作成する」「ヒロインのチェンジ」など代案も浮上しているものの、やはり綾瀬の出演なくして続編は難しいというのが現状のようだ。

大コケ続きの映画事業の再編に希望を掛けて、現在もTBSは綾瀬へのオファーを続けているという。