【送料無料】Gurps Swat[洋書]
GURPS SWAT
ある日突然、SWATが自宅に押し入ってきたと思ったら、まったく身に覚えのない嫌疑がかけられていた——。
自宅の無線LANを「踏み台」にされて、あなたが犯罪者に間違われるかもしれない。

IT セキュリティ世界大手・ソフォス社のレポートによれば、先月、アメリカのインディアナ州エバンズビルでこんな事件があった。
ネット上に「俺は爆弾を持っている」という投稿を見つけた警察は、アクセス元となる家を特定してSWAT(特別機動隊)を送り込んだ。

SWATはドアをぶち破り、窓を打ち砕いてスタングレネード(閃光発音筒)を放り込む。
リビングルームに急行すると、そこでは18歳の少女とお祖母さんがテレビの料理チャンネルを見ていた。

結局、SWATが手入れをした家は犯人の家ではなかった。
その家は無線LANのセキュリティ設定をしていなかったために、犯人に「踏み台」にされていたのである。

警察の活躍ぶりをアピールするために地元ニュース局のカメラを引き連れていたSWATは、とんだ大恥をかくことになってしまった。
いきなり家をメチャクチャにされ、閃光と爆音に襲われ、銃を突きつけられた2人は、相当怖い思いをしたに違いない。

アメリカでは、ほかにも似たような事件が起きている。
ある男性が、性犯罪者と一時的に間違われたというものだ。
この男性も自宅の無線LANのセキュリティ設定をしていなかったため、自宅付近から誰でも利用できる状態になっていた。
近所の性犯罪者が、男性の無線LANを「踏み台」にして、違法な児童ポルノ画像をダウンロード所持していたのである。

いずれのケースも、犯人は他人の無線LANを悪用していた。
自宅からネットに接続するとIPアドレスなどから足がつくので、犯罪者は他人のネット接続環境をこっそり利用したいと考える。
セキュリティ設定をしておらず、誰でも自由に接続できる状態に置かれたオープンな無線LANは、犯罪者にとって好都合の環境だ。
他人の無線LANを「踏み台」にして犯罪を行えば、警察はアクセス元から間違った“犯人”を割り出すので、真犯人はうまく逃げることができるというわけだ。

これだけ無線LANが普及しているにもかかわらず、無線LANのセキュリティ設定をしていない人は結構多い。
09年にエアータイト・ネットワークス社が実施した調査(アメリカとイギリスの7都市が対象)によると、57%の無線LANが、セキュリティ的に甘い状態になっていた。
その中には、社内ネットワークに簡単に侵入できるようになっていたものもあったという。

もちろん、いくらオープンな無線LANが悪用されるといっても、警察が「踏み台」行為の可能性を前提に詳しく捜査をすれば、遅かれ早かれ真犯人も身元が特定されて逮捕される。
ただ、犯罪者の隠れ蓑としてわざわざ善良な市民が無線LANをオープンに提供してあげる必要はまったくない。
誤認逮捕されないためにも、無線LANのセキュリティはちゃんと設定しておきたいものである。
【送料無料】軍曹!特殊部隊に入りたいッス。 [ 三島瑞穂 ]
軍曹!特殊部隊に入りたいッス。