【送料無料】ツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超える [ 真柄昭宏 ]
ツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超える
いまや「総理にしたい男ナンバー1」として注目される橋下徹大阪市長(43)。

そんな橋下市長の愛人だった女性が、週刊文春編集部の取材に応じた。

橋下氏と不倫関係にあったのは、元クラブホステス・華原礼子さん(仮名・30代前半)。
華原さんは身長160センチ、松下奈緒似の色白で清楚な美女である。
現在は夜の世界から引退しているが、橋下氏と出会ったのは2006年、ホステスとして大阪・北新地の高級クラブ「A」に勤めていた頃だった。

本誌は独自取材によって、華原さんが橋下氏と一時期深い関係にあったとの情報をキャッチし、接触に成功。
橋下氏との関係を聞くと、当初はかなり狼狽しながらも、事実関係を認めた。そして交渉の末、彼女は本誌にすべてを告白する決意を固めた。

華原さんによれば、橋下氏は彼女との関係が発覚することを警戒し、自分の携帯電話からは連絡せず、マネージャーの携帯や、法律事務所のPCメールから連絡してきたという。

「スケジュールは事務所と奥さんに完全に管理されていたみたいでしたね。
私と一緒にいる時は、一切メールも見ないし、携帯も見ませんでした。マネージャーの目もあるし、奥さんの目もあるし、板挟みでたぶんしんどかったんじゃないかな」(華原さん)

初めて男女の関係になったのは、4回目ぐらいのデートだったという。

「その日も二人で待ち合わせをして食事に行き、かなり飲んだんですよ。
それでその流れで、っていうか……(笑)。食事をしてお酒飲んで、それからタクシーに乗って伊丹空港近くのラブホテルに行ったんです。
チェックインした時、『ラブホテルに行くのは何年ぶりかな~』みたいなことを言ってましたね」

また、デート中に意外な本音を吐露することもあった。

「お茶を飲んで二人で街を歩いている時、『普通に手をつないで歩きたいけど、手まではつなげないよね。普通にデートがしたい。こんな仕事早くやめて、弁護士業に戻りたい』って言っていたのが印象に残っています」

だが、その直後に大阪府知事選に立候補。

「そんなそぶりは微塵も見せなかったんで、『え~っ! 言ってることとやってることが違う!』ってビックリしましたよ」

本誌編集部は橋下氏に事実関係の確認を求めるため、締め切り4日前に法律事務所を通じて直接取材を申し込んだ。
しかし一向に返事がなかったため、あらためて事務局長を通じて直接取材を申込んだところ、
「ご指摘のお店や旅館には顧問先とも一緒に行ったことはありますが、(女性については)何のことを言っているのかわからないとのことです。
06年から07年にかけてそうした女性とお付き合いしていた事実はないとのことです」

という回答が事務局長を通じて返ってきた。
【送料無料】橋下徹のカネと黒い人脈 [ 一ノ宮美成 ]
橋下徹のカネと黒い人脈