生きてる生きてく
今年1月に写真誌「フライデー」(講談社)で交際が発覚した歌手の福山雅治と女優の吹石一恵だが、
発売中の「週刊新潮」(新潮社)がすでに2人が破局していたことを報じている。

同誌によると、最近、吹石の父でプロ野球・楽天のチーフスカウトの吹石徳一氏の知人が徳一氏に「娘さんおめでとう」と声をかけたところ、
徳一氏は「おめでとうじゃないよ!」と怒り出したという。

「フライデー」の報じられて以降、2人の交際に関する報道がまったくなかったが、
交際発覚後、福山は吹石が通っていた自宅マンションを引っ越し、吹石とはそれっきり。
というのも、福山は一時期、洗脳騒動で一時期芸能ニュースの主役に躍り出ていたオセロ・中島知子と同じマンションに住んでいたため、
吹石に「(中島の件で)マンションに報道陣が来ているからもう来なくていい」と言われ、
その後、福山に連絡をとろうとしたところ、音信不通になり大変ショックを受けてしまったというのだ。

「そもそも、福山には結婚願望がなく、独身貴族を謳歌したいようだ。
自分が女性ファンの絶大な支持に支えられていることも重々承知していて、特に女性スキャンダルにはナーバスになっている。
そのため最近では白石美帆、小西真奈美との交際が報じられるも、直後に別れてしまっているようだ」(芸能記者)

交際発覚時も、今回の破局報道についても、「福山の事務所の圧力でスポーツ紙やワイドショーは一切触れていない」(同)。

気になるのは、吹石の母親の同誌に対するコメント。

「そもそも娘は福山さんと付き合っていたんですか。(中略)一緒に写った写真は一枚もないでしょ。(中略)私としては早く相手を見つけて結婚してほしいんですけどね…」

自らの大ヒット曲のタイトルではないが、
交際相手に決して「家族になろうよ」とは言わない福山だけに、吹石にとっては相手が悪すぎたようだ。